• ホーム
  • 生活習慣病予防のための診察と座禅

生活習慣病予防のための診察と座禅

ビールを飲んでいる男性と女性

定期的に健康診断や病院の診察を受けることで、生活習慣病を予防しやすくなります。
人間は、誰かに監視されているという緊張感があると不摂生な生活を改めやすくなるからです。
それ自体がストレスになってはいけませんが、体質や年齢によって健康に不安がある人は、定期的な診察を受けておくと安心できます。
診察の際には、医師に聞きたい要点をまとめてメモしていくと良いです。
医師は時間がないので、すぐに診察が終わってしまうかもしれませんが、こちらが要点をまとめてピンポイントで聞けば、スムーズに不安な点を聞くことができます。
生活習慣病は、肥満、糖尿病、高血圧、などいろいろありますが、ストレスが原因で起こるものも少なくありません。
ストレスのせいで一時的に血圧が上がる人もいます。
ストレスのせいで食べ過ぎて肥満になったり、糖尿病になることもあります。
現代の医学では、原因がわからない病気のほとんどは、ストレスのせいとして診断されます。
そういうときには、座禅に取り組んでみるのも良いです。
座禅というと僧侶のような厳格なイメージがするかもしれませんが、これはあくまでも心を落ち着けるための座禅です。
座禅のメリットは、普段の嫌な気持ちを忘れて心を無にできるところです。
仕事のストレス、生活の悩み、などの俗世の悩みから一時的に解放されることで、ストレスを緩和させることができます。
また、座禅をマスターすれば、少しのことでは心を乱されなくなります。
つまり、人に何か言われてすぐに頭に血がのぼるといったことが起こりにくくなるということです。
自分なりのストレス発散方法や、怒りを鎮める方法をマスターしておけば、生活習慣病にもかかりにくくなります。